広島高鐵

鉄道模型が好きな広島高鐵のブログ。 あまり更新しません…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ボナ製可部線105系キット製作~その3~

   
   105系の製作記事かなり久しぶりですね。

   やっと、箱の形になったのでそこまで一気に載せます。


 P1040082_convert_20110825165424.jpg


   内板と外板をはり終えて、上の中桟を取り付けます。
   乗務員扉はすでに取り付けました。


 P1040094_convert_20110825165635.jpg


   前面・妻版パーツを用意します。
   地下鉄顔は裏からメタルパーツをはり合わせるようになってます。


 P1040099_convert_20110825165751.jpg


   側板に足回り用ツメを取り付けます。
   T車には真鍮棒をハンダ付け。
   M車には、T車の足回りに用意したサハ103の窓パーツの一部を拝借
   したけど、動力をはめてみるスカスカだったので、後から真鍮棒を付け
   引っかかるようにしました。

   
 P1040104_convert_20110825170104.jpg


   もう箱組みになってますが、これにはかなり苦労させられました。
   何度もやり直ししたため、接着剤をカッターで削った痕があります。


 P1040215_convert_20110825171337.jpg


   次は、屋根板を取り付ける作業。
   付属のGM101系のものを使います。


P1040216_convert_20110825171546.jpg


   ランナーから切り離し、バリを取って(この辺は手馴れたものです)
   このままでは前面のメタルパーツに屋根板のリブが当たるため、カッ
   ターで削ります。(気持ちよく削れました)
   

 P1040217_convert_20110825171735.jpg


   テープで仮止めし、足回りをはめてみた。
   ちゃんとはまってくれたので良かった。
   ようやく完成が見えてきた気がする・・・かも。
   

 P1040224_convert_20110825172045.jpg


   ここで、問題発生。
   T車とM車の高さが合わない...
   差は1ミリもないですが目立ちます。
   そうは言っても今更変更は無理ですが。
   
   しょうがないので、目をつむりましょう。(笑)


 P1040221_convert_20110825171911.jpg


   屋根板をとりつけるのですが、地下鉄顔の屋根は実車を前から見ると
   はみ出て見えるので、かぶさるようにしました。

   ちなみに、裏のメタルパーツが欠けているのは、苦労の痕跡です。
   はんだ付けしようとしたら、溶けました。(笑)


 P1040239_convert_20110825172228.jpg


   上のせいで妻面側に隙間が開いたので、プラバンを挟んで埋めます。


 P1040242_convert_20110825172423.jpg


   雨樋と屋根の間にも隙間があるので、ポリパテ(ポリエステルパテ)
   で埋めます。
   真上から見たとき、雨樋が少し見えるようにしなければなりません。


 P1040248_convert_20110825172804.jpg


   今日はここまで。
   次は、パーツを取り付ける作業になります。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。